広川スーザンよ~くんのこってり時事評論

洋楽ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.コラムス
2.
3.時刻表
4.佐山愛
5.ロマゾフィー協会
6.鈴木奈穂子
7.ジョニー・イングリッシュ
8.フランク・ギャンバレ
9.ジョルジュ・シフラ
10.ちょっと

◆JPOPランキング◆
図南の翼 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート) 自分もいつのまにか大人の考えになってしまったのかしら…と思います。大人が暗黙の了解のうちに自らを諦め、困難から尻込みして自分の生活だけを守りに入るように、私も自分の幸せだけを願うようになっていたのだと思います。
だからか、読み始めは珠晶の「この世界を何とかしなければ!!誰もやらないから、私がやるのよ!!」という考えが理解できませんでした。自分に自信が無く、前にどんどん出て行くことが嫌いな私は、珠晶のように自分に自信を持って、自分の考えを前面に出し、という人物は半分妬みからすごく苦手でした。だから最初は、陽子や戴麒の話と違って、ちょっと共感できないなと思って読んでいたのです。

でも、読んでいくうちに分かりました。他人のために何かしようと立ち上がる人は目立ちたがりやだ、傲慢だ、自分とは関係ない、自分さえよければいい、、、そんな考えは、結局は私の逃げではないか?ということです。私は、珠晶みたいな人間は半分羨望から嫌いです。でも私は、珠晶のような人物がいなければきっと生きてはいけないのです。責任をそういう人たちに預けて、世が悪くなれば文句だけを言う。自分は何もしないで、責任を負うことから逃げて…。今の日本を支えなければいけない若者も、圧倒的に政治的な事を疎み、自分自身を可愛がることにだけ必死なのではないでしょうか?私は国や政治に関する難しいことは分かりませんが、珠晶のような人物が自分の安寧にだけ固執せずに、皆のために何かを行おうとする希少な人物であることだけは分かります。そしてそういう人が、きっと今の世界にも、たくさん必要なんだということも…。

珠晶はかっこいいです。そうやって素直に言える人になりたい。人のために、誰もが疎むリーダーになろうとする人を、「かっこわるいよねー」なんて言っていた自分を心から恥じます。珠晶は子どもですが、私はもっと子どもだったんだな、と思います。
自分の考えを改めさせられるほど、心にずしんとくる一冊。

GUNDAM-SINGLES HISTORY-3 本CDにはガンダムW、X、第08MS小隊の主題歌と、ボーナストラックが収録されている。

試みにWの主題歌、TWO-MIXを聴きながらOVA「第08MS小隊」を鑑賞してみよう。
同様に第08MS小隊、米倉千尋を聴きながらWを鑑賞てみたらどうだろうか。
まったく別な世界観(宇宙世紀とアナザーというだけでなく)の両作品には、やはりミスマッチではないか。

もちろん視聴者たる我々にとっては、それぞれの主題歌に当作品の先入観があるが、
それにしても楽曲のリズムやテンポ、歌詞、アーティストが他作品イメージに合わないのである。
伝えようとしたもの、訴えようとしたもの、奥深さを改めて考える時、
TWO-MIXや米倉千尋と映像が車の両輪の様に盛り上げていてくれたことに気付くのである。

最近の3作のシングルから収録されているので普通に聞いてもカッコいい曲ばかり。
もとはアニソンだが、オムニバスとしても楽しめることだろう。ぜひとも聞いて欲しい1枚だが、
ボーナストラックの「Z・刻をこえて」「水の星へ愛をこめて」は余計な気がする。

marimekko HAPPY 60th ANNIVERSARY! (e-MOOK) 今回、初めて「ブランドムック本」というものを買いました。
これまで本屋で気になるブランドのムックを手にとって見ることはあっても、本の内容もイマイチ、おまけの質もイマイチで
買いたいと思えませんでした。
その中で、昨年のマリメッコ本のおまけのバッグを持っている人を街でみかけたとき、パっと見、おまけに見えない質感で少しびっくりしたのです。
去年のバッグのデザインは残念ながら私は欲しいと思わなかったのでスルーしたのですが、今回はウニッコ!
しかも、60周年記念ということで本の内容も期待できそう!ということで予約購入しました。


実際バッグを手に取ってみると、当然ですがお店で売られているキャンバス地のバッグたちに比べると貧相です。ステッチもガタガタの部分があったりして粗い・・。
表で気になったのはステッチぐらいでしたが、バッグの内側を見てみると、縫い代のパイピングの処理が断ち切りになっていたり、まだ使ってもいないのに擦り切れている部分があったり、ミシンオイルのような、インクのような、黒い汚れもところどころありました。あくまで「おまけ」として、気負わずガンガン使おう!という気にはなりますね(笑)
難はありますが、マチもたっぷりとある使いやすそうな大きさ・形ですし、何よりもやっぱりこのお値段で「おまけ」として考えると本当にお得には間違いないと思います。

レビューでワンピースの型紙がある、ということでワクワクしていました。見てみると、ノースリーブの、マリメッコらしいミニ丈のとてもシンプルなデザイン。
用尺は140cm巾の生地で130cmでできますので、ちょっとお高いマリメッコの生地でもトライしやすいデザインになっていると思います。本の中で女優の坂井真紀さんが着られている「ピエニ・リタリ」のワンピースがとても好みでした。本についている型紙のワンピとよく似ているので、生地さえ手に入ったら少し丈や襟ぐりをいじって作れそうです。

その他、本の内容で気になったのは、もっと60周年を表に出したような、これまでの長い歴史がたくさん載っているのかと思ったら・・その点はけっこうあっさりでした(汗)。
オフィシャルHPのテキスタイルのページみたいな一覧を期待していたので少し残念。どちらかというと「シーズンブック」という雰囲気の方が濃いですね。


手にとってちょっとがっかりした点もありますが、全体の感想は「買ってよかった!」です。
マリメッコ大好き!


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
ギャルランキング

today:017 yesterday:016
TOTAL:96341