屋根裏の怪人おんちゃんのお気に入りムービーリスト

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.高速道路
2.えぬえけい
3.きな子
4.松坂大輔
5.バルダーズ・ゲート
6.はるき悦巳
7.サガ・フロンティア
8.風来のシレン
9.HID
10.the pillows

ギャルランキング
Inside my heart (CCCD) 少年時代をアメリカで過ごした彼は、英語も堪能なはず。でも、英語を強調した曲はなく、すべて日本語で「伝える」事を大切に歌われいて、やさしい歌声とともに、その言葉は初めて耳にしたとたんに心に広がってきます。普段私は、音楽を聴くときはブックレットの歌詞をあまり見ないのですが、この「Inside my heart」は、じっくりと読みました。

ぜひ、何かしながらこのアルバムを聴くのではなく、このアルバムを聴くための時間をつくって、歌詞をしっかりと読んでほしい。


サプリ DVD-BOX このドラマの内容とかはどうでもいいんですが、佐藤、亀梨、志田の家でのカラミが好きで購入しました。亀梨くんファンにはたまらないDVDなのではないでしょうか?佐藤浩市とのカラミシーンでは小悪魔ぶりを発揮しております。この作品のヒロインは伊東美咲ではなく亀梨和也だと思われます。いっそのこと佐藤、亀梨、志田の家族モノにしたらよかったのに。
「妖怪人間ベム」Blu-ray BOX 6歳の時・・・昭和43年のアニメ版もリアルタイムで見ていました。その時は「怖いアニメ番組」という認識でした。毎回、人間以外の悪・・・
「悪霊」「怨念」「動物の霊」などそれが化け物化してそれをベム達3人が人間を守るため倒し、いつかは「自分たちも人間になれる」と言うこと信じて生きていた。
 しかし、今回の実写版、ベム達が戦うのは人間は誰でも持ち合わせている「正負」の心の「負」の部分と戦うものだった。
 世の中、色んな境遇の人間がいる。どんな立派な人間であろうが、大金持ちであろうが負の部分は持っている。人間はその負の部分と戦いながら生きている。その負の部分に負けた時に、犯罪や自殺などの行動を取ってしまう。
 このドラマは「人間はいかに生きるべきか」を考えさせるドラマであったと思う。この世で一番怖いもの・・・それは人間の負の部分だったんですね。
 このドラマ10話全てにおいて感動的でありました。その中でも特に印象的だったのは3話の阿久井さんがベム達3人に書いた手紙の内容だ。
人間生きていく中で「山あり谷あり」「宇用曲折」いいときがずっと続く人間はいないと思う。山あり谷ありの谷の時期が長く続くこともあるかもしれない。それでも人間はその逆境の中で頑張って生きていく力も持ち合わせている。
 私自身の人生もつらく、苦しい時期が多くあり、今も続いている。その中でいつも思っているのは、人間誰でも死ぬときが来る。その時に「幸せな人生だった」と思って死にたいと考えている。
 昭和43年のベムと今回のベム基本プロップは同じであったと思います。オープニングのナレーション、最終回の最後のナレーションはアニメ版と実写版全く同じでした。
 長々と書きましたが、感動的で秀逸なドラマであったと思います。監督、脚本、配役、演技どれも素晴らしく、最高の作品でした。
このままのキャスティングでの映画化を期待しています。
 

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
洋楽ランキング

today:005 yesterday:023
TOTAL:0719