自動車 旅行

自動車旅行 冬の注意点

自動車を長く利用していると、ほとんどの人が様々な
トラブルを経験します。

 

パンク、エンジン関係の故障、バッテリー、ガソリン切れ、
あとは事故などですね。

 

こういったトラブルはいつあなたの身に起きてもおかしくないことは
よくわかると思います。

 

もしこのようなトラブルが非常に寒い冬に、それも雪が降り積もっている
ときに起きたと想像してみて下さい。

 

あなたとあなたの自動車に同乗している人は、起きた状況に対処する方法、
道具を用意してあるでしょうか?

 

助けを呼べる状況だとして、救助がくるまでにかかる時間を考えたことが
あるでしょうか?

 

普段からも備えておくといいですが、自動車での旅行、特に冬の自動車旅行
では、応急の自動車工具や寒さをしのぐための用意することが大切です。

 

ニュースなどで雪の道路で事故が起きたとか事故の特集などを見たことが
あると思います。

 

自動車で旅行に行けば、このような出来事に合う可能性があるわけです。
雪の積もる冬の道の真ん中で、なんらかのトラブルが起きた場合、
暖をとる方法はあるでしょうか?何か食べ物や飲み物はあるでしょうか?
どのように助けを求めますか?

 

救助が来るまでは自分でなんとかするしかありません、そんなとき
備えがあればベストな対策がとれるでしょう。

 

まあ、何にしても最低限の備えをするにこしたことはありません。
日本でまる1日救助が来ないなんてことはまずないでしょうが、
そのくらいしのげる対策はしておいたほうがいいでしょう。

 

雪が降るようなところへ自動車で旅行へ行く場合、チェーンやスタッドレスは
準備しているでしょう、それに最低限の工具、毛布、水分くらいは用意して
おくといいと思います。

 

あと自動車に備え付けてあるものを確認したことがありますか?
他の自動車からバッテリーをつないでもらうブースターコードや自動車が
止まっていることを知らせる三角のやつ、名前はわすれました。

 

こういったものがあるでしょうか?
以外とないという人が多いです。

 

何にしても備えるに越したことはないと思います。

自動車での旅行って大人だけで行くわけではない、子供も一緒に行くことも
普通にある。

 

子供を不意の事故から守るためのチャイルドシート、義務づけられてい
ますね結構ネット通販などで売れているようですね、カー用品店などでも
見かけます。

 

ただ、こういったものって選び方が難しい、求められる機能を考えると、
安全性、乗り心地で選ぶべきですが、安全性は基本、売られているものは
みんな備えているはずです。

 

しかし、乗り心地はどうでしょうか、チャイルドシートに座るのは子供、
自動車で旅行をするとなれば、何時間も座っていなければならないでしょう。

 

その辺を考慮して選びたいところです。

 

チャイルドシートが自分の自動車に合わないとダメですし、子供に
シートが合わないと、ちょっとね、まあ、他にも子供のことで気を付ける
ことは多いです。

 

ニュースで何度もやっている暑い日の車内に子供を残していて問題に
なっていますがそれでも毎年、こういったことが起きます。

 

寒い日でも天気が良ければ車内は暑くなったりします。

 

逆にエアコンを切って、予想以上に車内が寒くなったりしていることも
あります。

 

全部自分の経験で車内がどうなるかわかっていることだと思います。

 

そして長時間のドライブで、自分のための休憩だけでなく、子供の
ための休憩も気にしたほうがいいでしょう。

 

自動車は運転していなくても、同乗者も疲れるものです。

 

子供との自動車旅行のために、適切なチャイルドシート選びから
始めてみては。

続きを読む≫ 2012/03/04 18:26:04

長距離ドライブが必要になる自動車旅行で子供がいる場合は、
いろいろと気にかけなくてはなりません。

 

騒ぐのも問題ですが、黙って我慢している子もいます、大人は
子供のサインを見落とすと大変なことになるかも。

 

乗り物に強い子なら、後部座席でDVDなどを見れる環境はなかなか
有効に感じます。

 

取り付ける価値はあるかなと思います。飽きっぽい子もいるので
一概には言えませんがね。

 

男は自分が見るわけではないのに、DVDを設置するだけで満足したり
します。

 

子供のためと言って付けちゃいますか?

 

長い時間の運転は楽ではありません、運転中は平気でも、降りてから
どっと疲れが出たりします。

 

同乗者もそうですね、カー量販店などで、ドライビングの疲れを
軽減するようなアイテムもあります。

 

有効に利用したいものです。

 

飲み物もいいですね、ただトイレのこともあるので難しいところですが、
自分の体質、同乗者の体質の理解。

 

「トイレは早めにねー」

 

って言えるようなメンバーなら言っておきましょう。

 

あとは毛布やアルミのシート、使う使わないではなく用意しておきましょう。
いろいろ便利ですよ。

 

あとはゴミ箱、ウェットティッシュかな。

続きを読む≫ 2012/02/17 00:12:17

長距離の自動車旅行での退屈をしのぎ、快適で楽しいドライビングに
あったらいいなという小物がいくつかあります。

 

特に同乗者の快適性のために、様々なアイテムがあります。

 

飛行機、電車など公共の乗り物で旅行に行く場合、行く過程の
ことはあまり気にしなくていいでしょう。

 

トイレとかそんなことぐらいしか気にしないでしょう。

 

しかし、自動車での旅行は、自分、同乗者のためにアイテムを
そろえるのです。

 

何をそろえるか?状況、メンバーによってまったくそろえるべき
ものは違うでしょう。

 

まずはこのハイテク時代のためには、変換機アダプターの類は
あるといろいろできる幅が広がりますね。

 

携帯の充電は常に気にかけておかないと機嫌が悪くなる人もいる
かもしれません。

 

今や携帯の充電システム準備のは必須、今の携帯のバッテリー切れの
早さはかなりのもの、携帯のバッテリー切れでやたら機嫌が悪くなる
人もいますからね。

 

あとは音楽関係、その車のオーディオ設備に合わせて用意する必要が
あるでしょう。

 

音楽なんていらねーぜっていう強者の話好きな人もいますが・・・。

続きを読む≫ 2012/02/15 00:36:15

どんない行儀よくするように育てた愛犬と、自動車で旅行に行く場合、
乗り物酔いをする場合があります。

 

うちの犬は酔わないという場合、愛犬との旅行は楽しい物でしょう。

 

しかし、相手は犬です、いつ乗り物酔いをしてしまうかはわかりません、
人間でもわからないですけどね。

 

実際、普段酔わないのに、自動車で旅行に出かけたら酔ってしまった
なんてことがあるようです。

 

一応の傾向として、子犬や比較的年齢の若い犬が酔いやすいようです。
特に子犬は事前に数十分の訓練をして様子を見る必要があります。

 

そして犬を座らせるポジションの安定、犬を酔わせる振動を抑える
努力が必要になります。

 

人間に乗り物酔いをしやすい人がいるように、犬にもそういったことが
あるわけです。しっかり注意、気をかけましょう。

 

乗り物酔い対策の訓練は、長い時間乗せて訓練するより、短い時間を
日々するほうがいいようです。よく犬の状態を観察してケアして
あげて下さい。

 

犬の乗り物酔いの原因の一つは不安感だといわれています。
犬にとっては乗り物に乗るということはストレスになる場合が
あることは想像できると思います。

 

愛犬と楽しい自動車旅行をするための準備を考える必要があると
思います。

続きを読む≫ 2012/02/10 19:54:10